FC2ブログ

記事一覧

「怒るのと叱るのは違う」が日本のパワハラの現状です

「感情に任せて殴るのはよくないが、愛情を持って殴るのはいい」今からは信じられないですが、昔は上のような主張をする連中が日本には山のようにいました。確か、少年H(妹尾河童著、講談社文庫)にも「おまえは愛情を持って殴るのと、愛情なしで殴ることの違いも分からないのか」と上級生に言われて、主人公が「そんなの分かりませんよ!」と言い返す場面があったと記憶しています。さすがに私は上の言葉をよく聞く世代には入り...

続きを読む

大手新聞社は夕刊をやめるべきである

こちらのブログで大きく取り上げる予定の「ルポニッポン絶望工場」(出井康博著、講談社+α文庫)で、大手新聞社は夕刊をやめるべきである、と主張されています。その理由は「夕刊をやめれば新聞販売所の経営が改善するため、および外国人労働者を酷使しなくてすむため」です。例として、朝日新聞は朝夕刊セットで月4037円、朝刊だけで月3093円です。わずか月944円のために2倍の配達をさせているので、販売所の経営が悪化し、外国...

続きを読む

新聞のうすさと都落ち

新聞がうすい。ゴールデンウィーク中、記者に休日をとらせているせいだろう。新聞が30ページもない日が連続して続いた。もっとも、新聞のうすさに嘆いたのは今回が始めてではない。東京から地方都市に引っ越して、いつものように開いた朝日新聞が妙にうすかったときは、もっとショックだった。「朝日新聞がペラい。東京もそう?」そんなメールを友人に送った。彼の返信によると、やはり、その日の朝日新聞も東京では30ページはあっ...

続きを読む

私が医師の仕事はなくなると確信した理由

これまでの私の人生で最も優秀と思った医師は、ガイドライン(学会が作成している標準治療方針)をチェックしている方です。なお、ガイドラインは分野によって、「糖尿病治療のガイドライン」「肺がん診療のガイドライン」「心臓エコーの適応と判読のガイドライン」などと複数存在しています。その医師は各ガイドラインが推奨している診断や治療が科学的にどれくらいの価値があるのかを調べています。「科学的な価値」については、...

続きを読む