記事一覧

ソフト使用スキャンダルから得るべき教訓

「どうしてこんなスキャンダルが起こったのか」は、第三者委員会の見解にもあるように、「ソフトがプロ棋士に棋力で凌駕するようになった」のに、将棋連盟がソフトの不正使用になんの対策もとっていなかったからです。そして、ソフト不正使用の対策をとっていなかった理由は、ソフトがプロ棋士に棋力で圧倒する事実を、プロ棋士たちが公式に認めていなかったことが大きいでしょう。羽生氏がソフトに負けない限り、ソフト優位の事実が一般に広く認識されないことを知っていながら、羽生氏とソフトを対局させなかったことも重要な理由です。ひどい例として、「不屈の棋士」(講談社現代新書)で佐藤康光氏は屁理屈を並べて、ソフトの棋力の圧倒的な強さを認めていません。こんな奴がいるから、今回のスキャンダルが起こったんですよ! それにもかかわらず、「こんな奴」が新しい連盟会長としてプロ棋士たちに認められています。どうやら将棋がうまくなっても、問題の本質を見抜く能力は高くならないようです。
「将棋界は今後どうあるべきか」については、前回のブログに私の考えを書いています。簡潔にいえば、社会的に一番好ましい将棋のあり方は、現在のように大金をかけて争うのではなく、健全な知的遊戯のアマチュア競技として存続することだと私は考えています。もし「人がクルマに負けても、100m走の金メダリストの価値はなくならない」という理屈で、プロ棋士を完全に擁護できると信じている人は、ぜひ上のブログを読んでもらいたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント