記事一覧

私の努力や真面目さを評価してくれたカナダ人

「努力」や「真面目」は、日本人に特徴的な美点だと思うのですが、現在の日本では、それほど評価されているようには思いません。少なくとも、私の努力や真面目さは日本で全くと言っていいほど評価されませんでした。一方で、カナダ人たちは私の努力と真面目さを高く評価してくれました。
カナダの語学学校に通う日本人は3時くらいに学校が終わると、大抵、残りの時間を遊んで過ごします。放課後にバンクーバー図書館へ行って、晩飯の時間まで勉強して、晩飯後は自宅で勉強しているのは私くらいでした。もちろん土日になると、私は図書館で1日中勉強しています。
“How’s your weekend?”
これは月曜日の英語の定型挨拶ですが、ほとんどの場合、私は“Just studying.”と答えていました。多くのカナダ人は「たまには遊んだら?」と言うものの、心の中で「すごい」と思っているのを感じました。一方、日本で同じことを言うと、「一人で読書するなんて友だちいないの?」「つまらない週末だな」「若いうちに遊ばないなんて、バカじゃないの」と軽蔑されているように感じました。
西洋人たちは結果を重視して、そのための努力は軽視する、と私もカナダに行く前は考えていましたが、私の経験から言えば、それは間違っています。
ただし、アメリカは結果だけを評価する傾向は強いかもしれません。いずれブログの記事で書くつもりですが、西洋と一括して考えていい場合もありますが、アメリカとそれ以外の西洋で分けるべき時もよくあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント